相続・遺言に関する解決事例のご紹介

  • ・各人の遺留分に配慮をした遺言を残しておいたため、若干の不満は残るものの、家庭裁判所への調停等への法的解決への進展が阻止されたという事例は多いです。
  • ・遺言に当たって生前贈与の内容についても、遺言とは別に詳細に、いつ、どんな趣旨で、何をいくら贈与したかの資料を残し、こうした点も配慮をして配分を決めた遺言についても、後日、争われることは少ないと思われます。
  • ・高齢者が、遊びに来る子どもの歓心を買いたいばかりに「お前にも遺言できちんと遺産を残してあるから。」という発言をしていたようで、実際はそのような遺言はなく、同居者が、遺言を隠匿したとして、全く話合いや裁判所での調停には、応じず、最後、やむなく審判で強制決着を付けた例があります。
  • ・遺言は、いつでも撤回、取消が出来、原則、後に作成したものが有効です。女3人姉妹のもとで、順次、生活をして、その都度、争いごとを生じて他の姉妹の下を転々としていた方のケースで、遺族が各姉妹のもとに、合計3通出て来たうえに、最後の自筆証書遺言については、認知症のために、遺言を書くだけの能力があるのかどうか、争われたケースもあります。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

052-957-2581 受付時間 AM9:00~PM7:00 ご相談メールフォームはこちらから

このページの先頭へ

相続・遺言
地下鉄丸の内駅から徒歩1分
セミナー・個別相談会実施中
ご相談お申込みフォームはこちら
お電話での法律相談ご予約 まずはお気軽にご予約ください! 052-957-2581 土曜相談可 夜間相談可 紹介者不要 女性弁護士もいます 無料相談のご案内はこちら
法律コラム
News Letter
スタッフブログ

池田総合法律事務所・池田特許事務所

  • 〒460-0002
    愛知県名古屋市中区丸の内
    1丁目17番19号
    キリックス丸の内ビル802号
  • TEL: 052-684-6290
  • FAX: 052-684-6291

営業時間[平日]9:00AM~6:30PM


交通アクセス詳細はこちら